【台湾の9月の服装】現地画像で女性のコーデと男性のスタイルを紹介

台湾の9月の服装を現地の画像を中心に台湾現地から詳しく紹介します。

9月に台湾旅行をしようとしている方は台湾での服装に迷われているのではないでしょうか?

ココに注目
  1. 台湾の9月の服装はどんな感じなのかな?
  2. 9月に台湾旅行をする際の服装はどうしたらいいのかな?
  3. 台湾の9月の旅行での服装でNGや注意すべきことは何?
  4. 9月に台湾へ行く場合の子どもの服はどうしたらいいのかな?
  5. 9月にビジネスで台湾へ出張する場合の服装は?
  6. 台湾の服装でのタブーやダメな服はあるのかな?

上記のような疑問に対して、台湾現地在住の私が画像を多めに視覚的に分かりやすく、台湾の9月の服装を詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

台湾の9月の服装

結論をはじめに言ってしまえば、台湾の9月の服装の特徴は「夏服」でOK。

その理由は、台湾の9月は秋の雰囲気はほとんどなく、真夏の暑さが続いているからです。

特に、昼間の時間帯は夏そのもので、日差しも強く、出歩くのを躊躇するくらいです。

その反面、朝晩は日によっては少しだけ涼しく感じる日もあります。

というのも、9月になると台風が直撃しない限り、気温は高いながら、蒸し暑さが少しずつ和らぐからです。つまり、湿度が少しずつ下がってくるため。

 

【関連記事】

≫ 台湾の9月の気温・天気・気候・雨の【現地情報】画像とグラフで確認

台湾主要都市の年間月別の平均気温(℃)

台湾主要都市の年間月別の平均気温(℃)

 

台湾の9月の女性のコーデ

台湾の9月の女性の服装は、どんな感じなのかな?

現地の台湾人の服装を基準に考えると、夜のバーやクラブなど、特にオシャレな場所に行く予定がなければ、キレイな服装でなくてもOK。

旅行中は出来れば、歩きやすく動きやすいリラックスした格好で観光したいですよね?

人混みの激しい夜市で食べ歩きをしたり、暑い日中に汗をかきながら観光スポットを巡ったり、バスやMRTで移動したり…

あえて言えば、汚れたり、汗をかいても大丈夫な服装と準備をしておけば問題ないでしょう。

ただし、台湾でインスタ映えした写真を撮影したい方はお洒落な服装を準備してくださいね。

それでは、以下では現地の画像を交えながら、台湾現地の服装を紹介します。

台湾の9月の女性の服装の典型的なスタイル

上の画像の通り、台湾の女性の典型的な服装はTシャツにショートパンツ(短パン)のコーデです。

雨が降る頻度も比較的少なくなる9月は履き物もスニーカーなど歩きやすいものがおすすめです。

9月の女性の服装はロングパンツでもOK

上の画像の通り、9月の女性の服装はロングパンツを穿いている台湾人も多いです。

ジーンズか薄手のサラッとした生地のロングパンツであれば、汗をかいても比較的快適ですよ。

9月の女性の服装はロングスカートでもOK

上の画像のように、9月の服装として、ロングスカートを穿いている女性もチラホラ見かけます。

9月はまだまだ日差しが強く、紫外線も強いため、ショートパンツで日焼けをしたくないという人でスカート派の方は、ロングスカートがおすすめですね。

台湾の9月にミニスカートはOK?

上の画像のように、9月の服装としてミニスカートを穿いている女性も偶には見かけます。

年齢が比較的若い女性はミニスカートを穿いている人もいますが、超ミニスカを穿いている女性は化粧が濃い目の人が多いですね。

9月の台湾のコーデでワンピースはどう?

上の画像のように、半袖やノースリーブのワンピースを着ている女性は比較的多いイメージです。

台湾では、少しだけお洒落をしたい時にワンピースを身に付けるイメージですね。

9月のコーデとして日焼け防止のカーディガン

上記の画像の通り、9月には薄手のカーディガンを羽織っている女性も多いですね。

その理由は9月の台湾では紫外線が強いため、日焼けをしたくないから。

画像のようなカーディガン以外にも長袖シャツを羽織っている女性も多くいます。

また、高速バスやMRTなどに長時間乗車する場合は車内は寒く感じます。

そのため、屋内で冷房が強めの場合にもカーディガンが一枚あると助かりますよ。

女性でも履き物はサンダルでOK?

上の画像のように、女性でも履き物はサンダルの方が多いのが台湾スタイルです。

台湾旅行中に、お洒落なレストランで食事をする場合でもサンダルでもOKです。

が、装いが気になる方はスニーカーやパンプスなどを準備しておけばOKでしょう。

 

ポイント
  1. 基本はTシャツ+短パンの夏服スタイルでOK
  2. ボトムスはロングパンツの女性も多い
  3. スカート派の方はロングスカートでもOK
  4. ミニスカートの場合は短めは控えたほうがよい?
  5. 日焼け・冷房対策としてカーディガンも持って行こう
  6. 履き物はサンダルでもOK。スニーカーやパンプスの用意も

 

台湾の9月の男性の装い

台湾の男性の服装は、どんな感じなのかな?

メンズファッション、ボーイズの服はどうしたらいいのか?

結論を言えば、服装に関しては女性以上に質素に感じるのが台湾人男性の服装。

別の言い方をすれば、悪意はないけれど、台湾人男性はファッションセンスがなさ過ぎ?

と思ってしまうくらい、あまりファッションにこだわりを持っている男性が少ないのが特徴。

以下では、街角で見かける、ごく日常的な男性の服装を画像を交えて紹介します。

台湾の9月の男性の服装の典型的なスタイル

上の画像のように、台湾の9月の男性の服装はTシャツにハーフパンツが典型的なスタイルです。

ちなみに、履き物はサンダルを履いている人が多いですが、観光で歩き回りたい方はスニーカーがおすすめです。

9月の男性の装い‐ロングパンツ

上の画像のように、9月の台湾ではメンズファッションとして、ロングパンツを穿いている男性もいます。

昼間は特に問題ありませんが、日陰や夜間になると蚊が発生するため、ロングパンツを穿いていると虫刺され予防になります。

また、若い男性の場合はジャージやトレパンを穿いているボーイズもよく見かけます。

このように、台湾では男性の場合はちょっと夜市をぶらぶら歩く程度であれば、どんな服装でも問題ないというのが台湾スタイル。

9月の履き物はスニーカーがおすすめ

上の画像のように、台湾の9月にはスニーカーを穿いている男性も多くいます。

真夏の間は突発的な土砂降りの雨が降ったりするため、履き物はサンダルが便利なのですが…

9月になると、雨が降る頻度が少なくなるため、天気予報を参考にして、雨が降らない日はスニーカーで観光をしたり、食べ歩きをするのが脚に負担が少なく楽ですね。

ポイント
  1. 基本はTシャツ+ハーフパンツの夏服スタイルでOK
  2. ボトムスはロングパンツの男性も多い
  3. 履き物はサンダルかスニーカー

 

台湾の9月の子どもの服装

台湾の9月の子どもの服装は、どうしたらいいのかな?

子供連れで台湾旅行を考えている方もいることでしょう。そこで、台湾現地の子ども達の服装を画像を交えて紹介します。

子どもの服装はTシャツ+短パンorハーフパンツ

上の画像の通り、台湾の9月の子どもの服装について、女の子の場合はTシャツに短パンが多い印象です。

また、男の子の場合はTシャツにハーフパンツが多いと思います。基本的には、お父さんと一緒の服装スタイルの男の子が多いですね。

 

台湾の9月の年配の方の服装

台湾にはロングステイなどで会社を退職された方や年配の方も多く旅行をしたり、滞在されています。

9月の時期の台湾の服装が気になる方もいるかもしれませんね。

そこで、台湾現地の事情を踏まえて、台湾の年配の方はどのような服装なのかを画像を交えて紹介します。

年配の女性の服装はパンツスタイルが多い

年齢が比較的高い女性の場合はパンツスタイルの方が台湾現地では多い印象です。

また、その中でも百貨店でお買い物を楽しんでいるご婦人の場合は、上の画像のように、7分丈パンツの方もよく見かけます。

男性の装いはロングパンツかハーフパンツ

休日の服装を観察すると、年配の男性の装いはロングパンツが多い印象です。

と言っても、台湾人の男性は日常的にハーフパンツを穿いているため、散歩や買い物をしている方は、上の画像のようにTシャツにハーフパンツの人も多いのが特徴。

台湾の9月のビジネスの服装

台湾のビジネスシーンでの服装について、現地事情を交えながら紹介します。

日本から台湾へビジネスで旅行をされる方もいることでしょう。

台湾ではビジネスシーンでの服装はカジュアルな服装をしている傾向強いです。

ただし、はじめて現地の会社を訪問する場合や食事の接待を受ける場合は、男性の場合はスーツにネクタイのスタイルが無難でしょう。

一方、ビジネスシーンでの女性の服装の正装としては、スカートにブラウスのケースが多いのが特徴です。

商談などで2日目以降の打ち合わせや会議の場合は、相手の台湾人の服装に合わせて、カジュアルな服装に切り替えればよいでしょう。

台湾のビジネスシーンの服装‐総統就任式典の正装

台湾のビジネスシーンの服装‐総統就任式典の正装

 

台湾の9月の衣服ショップ

台湾の9月の時期の衣服ショップをのぞいて見ました。

主に女性向けの服屋さんで、現地の台湾人の洋服のコーディネーションの一端を紹介します。

10代~20代のレディース向けショップ

上の画像のように、ジーンズのショートパンツにパステルカラーのTシャツが多いですね。

若者が多い通りでのショップでの服の値段は一着190元~290元(700円~)くらいの価格帯です。

 

ボーダーデザインが多いショップもありました。

 

上の画像は若者で賑わう通りの靴屋さんです。

女性用のサンダルは190元くらいから販売されています。

品質はお値段以上でもなければ、それ以下でもない感じです。

 

まとめ

以上、台湾の9月の服装について、女性、男性、子ども、年配者、ビジネスシーン、現地のショップについて、画像と合わせて詳しく紹介しました。

台湾では服装でタブーがあるのかどうか、と気になる方がいるかもしれませんが、特に問題になるようなことはありません。

龍山寺などの寺廟や寺院を参拝する場合は帽子やサングラスを外すくらいの配慮をしておけばOKでしょう。

また、上述しましたが、台湾でNGな服装は白色や白っぽい色の服は汚れやすいため避けたほうがよいかもしれません。

また、夜間に超ミニスカで歩いたりしていると、夜の商売をしている女性の勘違いされる場合がなくもない…。

最後に、この記事のポイントを7つほど絞って、まとめておきますので、9月の台湾旅行の参考にしてください。

この記事のポイント
  1. 台湾の9月の服装は夏服でOK
  2. 女性の服装はTシャツ+ショーパンが多い
  3. ロングパンツやロングスカートでもOK
  4. 男性の服装はTシャツ+ハーフパンツが多い
  5. Tシャツ+ロングパンツでもOK
  6. カーディガンや長袖シャツで紫外線予防を!
  7. 履き物はスニーカーとサンダルがあると便利

それではみなさん、楽しい台湾旅行を過ごしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました