台湾旅行での注意点‐気をつけるべき日本と違うこととNG行為を紹介

みなさん、台湾旅行の準備は進んでいますか?

旅行の荷物の準備ができたら、今度は知っておいたほうがよい現地事情の知って、心の準備をしませんか。

 

ここが疑問
  1. 台湾と日本では日常生活で違うことは何かな?
  2. 旅行中にトラブルになりそうなことは何かな?
  3. 台湾では知らないと恥をかきそうなことは何かな?
  4. 日本ではOKでも、台湾ではNG行為は何かな?

 

台湾旅行をする予定の方は上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

以下では、海外で旅行中に思わぬトラブルに巻き込まれないように、気を付けたほうがよい注意点を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

MRTでの注意点

MRT(地下鉄)での注意点として、法律で決められていることがあり、罰金の対象になっています。

  • 飲食禁止(食べ物や飲み物など全て禁止されています)
  • 喫煙禁止(MRTに限らず禁止されています。下記参照)

 

タバコに関する注意点

台湾では喫煙できる場所が厳しく制限されています。

複数の人が集まる屋内では、ほぼ全ての場所でタバコは禁止されています。

歩きタバコを禁止されているため、タバコを吸う方は、屋外で立ち止まって吸いましょう。

 

水道水の注意点

台湾の水道水は飲まないほうがよいですよ。水道水を飲用する時は煮沸してから飲みます。

ただし、歯を磨いたり、うがいをしたり、果物を洗ったりするくらいは問題ありません。

 

トイレの注意点

台湾でのトイレではトイレットペーパーはトイレに流してもよいのでしょうか?

以前までトイレットペーパーは流してはいけませんでした。

ところが、最近はトイレットペーパーはトイレに流すように政府が促しています。

結論は、トイレに流してはいけないと書かれている古いトイレの場合以外は、トイレットペーパーは流してもOK。

 

徒歩中の注意点

歩行中の交通安全には注意したいものですね。

ところが、台湾の車やバイクの運転マナーは悪いため、貰い事故を起こしてしまうこともあります。

横断歩道を渡る時にも前後左右をしっかり確認しないと交通事故に遭ってしまいます。

また、歩道であってもバイクが爆走してくることも多いので注意。

 

飲食時の注意点

台湾旅行中にお酒を飲む方もいることでしょう。

台湾では美味しいお酒がありますが、飲み過ぎには注意が必要です。

特に、お酒を飲み過ぎて酔っ払ってしい、酩酊状態になってしまったりしたら…。

台湾では酔っ払いの酩酊状態はNG行為です。

周りから白い目で見られ、反感を買う行為ですので注意しましょう。

 

両替時の注意点

日本で台湾のお金を両替してくる人もいますが、為替レートが悪いため損をしていますよ。

台湾の空港で両替したほうがはるかにより為替レートで両替することが出来ます。

さらに為替レートがよい方法は、クレジットカードの海外キャッシングです。

 

チップは必要?

台湾ではチップは必要なのでしょうか?

台湾ではチップの習慣がないため、特にチップを渡す必要はありません。

ただし、ツアーなどに参加している場合はコンダクターからチップを渡すように進められっることもあります。(強制じゃないよ)

 

買い物時の注意点

台湾では環境意識の高まりを受けて、ほとんど全ての店でビニール製のレジ袋は無料で配布していません。

そのため、買い物のレジ時に袋は必要か必ず聞かれます。

レジ袋が必要な場合は有料(1元~5元程度)で購入することになります。

買い物時はレジ袋を持って行くとよいでしょう。

 

ドリンクスタンドでの注意点

台湾旅行の際にはドリンクスタンドを利用する人も多いことでしょうね。

ドリンクスタンドでは、氷の量と砂糖の量を聞かれます。

台湾の飲み物はどちらかと言うと甘いことが多いため、「半糖」以下の甘さがお勧めです。

 

室内・車内での注意点

台湾の夏の時期は室内や車内では冷房がガンガン効いています。

そのため、屋内では寒くなっていることも多いのです。

薄手のカーディガンなどの羽織ものを持って行きましょう。

ちなみに、台湾では冬でも湿気対策として冷房が効いています(笑)。

 

外出時の注意点

外出する時の注意点について、台湾では特に4月~10月くらいまでは紫外線が強いです。

そのため、紫外線や日焼け対策として、薄手の羽織ものが必要になります。

現地でも、女性はほとんどの人が夏でも外出時は長袖を羽織っています。

 

夜市での注意点

夜市での注意点について、2つほど気をつけたいことを挙げておきます。

1つ目は揚げ物などの油っこいものや生もの(カットフルーツやかき氷など)は食べ過ぎないように。

油はあまり品質のよいものをつかっていないこと、台湾は気温が高いため生ものは腐りやすいこと、などの理由でお腹を痛める要因になります。

2つ目の注意点は週末の夜市では人混みが酷いことになっていますので、スリに気をつけましょう。

バッグは背中に背負うよりも、お腹に抱えるようにしたほうが安全です。

 

タクシーの注意点

タクシーを利用する時の注意点として、いつくかのポイントを挙げておきます。

  • 夜間の一人(特に女性)での利用は控える。
  • 小銭は準備しておきたいですね。
  • タクシーへのチップは不要。
  • ドアは自分で開け閉めする(閉め忘れに注意)。

 

不要な日本語

台湾では日本語を理解できる人が多いのが特徴です。

そのため、誤解されるようなことを口にするとトラブルの元になります。

レストランで不味い、小吃店で汚い、ホテルでうるさい…

 

写真撮影の注意点

台湾旅行中に写真を撮りまくりたいと思っている方も多いでしょうね。

日本よりは大らかなお国柄のため、写真を撮られることに寛容ですが…。

特に気を付けたいのはショッピング中の店内での撮影です。

多くのスーパーやストアなどではエントランスに写真撮影禁止の案内がありますので注意しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました