【台湾でのチップ】 ホテルやレストランやタクシーではどうする?

台湾でのチップの習慣について、現地事情を踏まえて詳しく紹介します。

台湾へのはじめての旅行を予定している方は、ホテルやレストランでのチップは、どうなのか気になることではないでしょうか?

ココに注目
  • 台湾でホテルのベルボーイに重い荷物を運んでもらったら…
  • 台湾のレストランでおいしい料理を食べて、会計をする時…
  • 台湾でタクシーに乗車して、重いスーツケースを運んでもらったら…

上記のような状況で台湾ではどのように対応したらよいのでしょうか?

台湾の実状に照らし合わせて、台湾のチップの習慣について詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

台湾のチップの習慣

台湾ではチップの習慣はあるのでしょうか?

基本的に、チップの習慣は台湾にはありません。

そのため、あらゆる場面でチップを要求されることはなく、チップを渡す習慣もありません。

ただし、チップを渡してはいけないわけではありませんので、以下では詳細を見ていきましょう。

 

台湾のホテルのチップとサービスチャージ

台湾のホテルでは、基本的に、チップは必要ありません。

ただし、ベルボーイが重いスーツケースを運んでくれた場合などは、感謝の気持ちとしてチップを渡しても問題ありません。

また、ベッドメーキングに対して枕銭を置く習慣もありませんが、50元程度のチップを置いてもよいでしょう。

チップ以外のことについて、台湾での中級以上のホテルでは宿泊に対してサービス料(サービスチャージ)が掛かる場合があります。

ホテルのサービス料の相場は宿泊料金の10%となっています。

 

台湾のレストランのチップとサービスチャージ

台湾のレストランでもチップは必要ありません。

ただし、サービスチャージとして飲食代の10%分の金額を加算されることがあります。

サービスチャージが掛かるレストランは主に中級以上のレストランです。

そのようなレストランでは給仕するホール係のサービスが親切で丁寧な対応をする場合に限られます。

また、高級レストランや中級以上のレストランでは最低消費額が決められている場合があります。

例えば、一人当たり100元という最低消費額が決められている場合は、3人では飲食代が300元以上のオーダーでなければ、レストランの利用を断られることもあります。

(ただし、最低消費額の設定があっても、法律で決められているわけではないため、店側に強制する権利はないというのが実態。)

 

台湾のタクシーのチップ

タクシーを利用した場合、チップを渡す必要はありません。

ただし、心付けとして、快適な乗車が出来た場合や感謝の気持ちとしてチップを渡してもOKです。

また、チップではありませんが、大きな旅行かばんやスーツケースがあり、トランクを利用した場合は、乗車運賃とは別で10元程度加算されることがあります。

 

台湾の観光バスのチップ

台湾で、唯一、チップが必要になるケースがあります。

それは、観光バスで団体ツアー旅行に参加した場合です。

観光バスの運転手は給料が安いのが実状で、安全な運転を心がけてもらうためにも、旅行会社が配慮します。

具体的には、添乗する旅行会社がバス運転手に感謝の気持ちを込めてチップを渡すことを求めることがありますが、渡すかどうかは本人の気持ちにゆだねられます。

旅行会社がツアー参加人数に応じて、一定額のチップをバス運転手に渡しますが、協力を求めるられたら、参加人数に応じて10元~を渡せばよいでしょう。

 

台湾でのチップのまとめ

台湾でのチップ、およびサービス料について、現地事情を紹介しました。

上記のチップとサービス料のまとめをしておきます。

台湾でのチップのポイント
  1. 台湾にはチップの習慣はない
  2. ホテルではチップは必要ない
  3. レストランではチップの必要はない
  4. タクシーではチップの必要はない
  5. 観光バスではチップの協力を求められることもある
  6. 感謝の気持ちとしてチップを渡してもOK
  7. ホテルやレストランではサービス料が掛かる場合がある
  8. レストランでは最低消費額のルールがある場合がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました