台湾の食べ物がまずいって本当?日本人の口に合わない台湾料理はコレ

台湾旅行の楽しみの一つはおいしいグルメを食べ歩くことではないでしょうか?

ところが、旅行中に食べた台湾料理は不味かったという話を聞いたりしますね。

今回は台湾旅行前に知っておきたい現地の料理事情を具体的に紹介していきます。

 

この記事のポイント
  • 台湾料理は本当にまずいのかな?
  • 日本人の口に合わないのは、どんな料理なのかな?
  • なぜ、台湾料理はマズいのかな?

台湾旅行の際に上記のような疑問を持っている方もいることでしょう。

以下では、台湾料理を食べ続けてきた私が日本人が不味いと思ってしまう現地の料理を画像とともに紹介します。

蛇料理や虫系料理などの台湾人でも食べないようなゲテモノは除き、以下はいずれも台湾で一般的に食べられている料理のみを挙げています。

 

スポンサーリンク

台湾料理は臭い ← 香辛料がダメな食べ物

臭豆腐

choutofu_1

 

台湾旅行をしたことがある方であれば、一度はニオイを嗅いだことがあるのではないでしょうか。

台湾料理の名物と言えば臭豆腐です。臭豆腐には揚げ臭豆腐と鍋で煮た臭豆腐があります。

多くの方が揚げ臭豆腐の臭いに辟易として食欲をなくすことでしょうね。

ところが、更に上を行く煮込み臭豆腐があることをご存知でしょうか?

その臭いと言ったら半端ないくらい強烈(!)で、揚げ臭豆腐の100倍くらい臭い!

麻油鶏

aB4FcFRIDsbKHFzZ

 

麻油鶏をいう鍋料理を聞いたことがありますか?

その正体は、文字通り「ごま油+鶏肉」の煮込みスープになります。

実は、この名前には含まれていない裏の顔があります。

それは調味料として、大量のアルコールが使われており、さらに漢方食材もたっぷりと使用されています。

そのため、麻油鶏は強烈な酒の臭いと、漢方食材の微妙な漢方薬の臭いと、ごま油の臭いが混ざり合い、訳の分からない臭いが生まれます(笑)。

鼻を摘みながら飲もうとしても、息をした瞬間に、怪奇な臭いが口の中に残ります。

このスープのもう一つのダメな点は、(人にもよるでしょうが)鶏の油とごま油で、胸焼けしそうなくらいドロドロの油だらけのスープということ。

とは言うものの、季節の節目に、麻油鶏スープを飲むと健康には良いとされています。

ルーローハン(魯肉飯)

 

ルーローハン(ルーローファン)とは豚肉(の挽肉)を醤油ベースの味で煮込んで、ご飯の上に煮込み肉を肉の煮汁とともに乗せた食べ物です。

ルーローハンの外観はとても美味しそうなのですが、実際に食べてみると何じゃコレ!?と感じる方もいると思います。

今までに食べたことがない風味を感じることでしょう。初めて食べた時、私はホコリっぽい漢方薬のニオイがすると感じました。

その理由は八角という中華料理によく使われる調味料の食材が使われているためです。

何度も食べている内に、特にルーローハンの八角風味に違和感を感じなくなったのですが、はじめてルーローハンを食べる時はニオイに驚かないでくださいね。

台鉄弁当

imag1818.jpg

 

台湾で台鉄電車に乗車するのであれば、是非食べたい食べ物が台鉄弁当です。

昔ながらの弁当で、いくつかの種類の弁当がありますが、最も人気があるのが排骨飯という豚肉入り弁当です。

見た目はとても美味しそうに感じるのですが、上記と同様に、八角が味付けに使われているため、肉を食べた時の風味に違和感を感じる人も多いことでしょう。

煮卵(茶葉蛋)

 

台湾旅行中、コンビニに入った瞬間に感じる異臭に気が付かれる方もいることでしょう。

その理由は、どのコンビニでも販売している煮卵が原因です。

煮卵には茶葉と中華料理で使われる調味料がふんだんに使われています。

その調味料の中にも、上記で紹介した八角も含まれています。

それでも、八角などの中華調味料に違和感を感じない人にとっては、とっても美味しい食べ物ですよ。

黒松沙士

 

黒松沙士は台湾の昔ながらの炭酸飲料で台湾コーラといわれることもあります。

外観も赤色のデザインでコーラみたいで美味しそうです。

そして、コップに注いでもシュワーッと炭酸が弾けて美味しそうです。

ところが、実際に飲んでみると…臭い!

なんと!? サロンパスの臭いがすると思う方が大半だと思います。

コーラを飲んだ時の爽快感とは裏腹に、湿布のような薬品の臭いがする飲み物になります。

雑学的な話として、お腹の調子が悪い時に飲むと良いとか…。

 

台湾料理は甘い ← 砂糖入り食べ物

肉鬆

kako-mEnaDyxz6XKLeGaS

 

肉鬆は台湾の田麩(でんぶ)で、豚肉や魚で作られています。

肉鬆は見た目はそこそこ美味しそうですが、実際に食べてみると、想定外に甘いのです。

そして、台湾では肉鬆を白いご飯やお粥の上にかけて食べたりします。

ご飯に砂糖がたっぷり使われている惣菜は合わないと思う…日本人は想像の通りです。

そして、さらに奇妙なことに肉鬆+パンで肉鬆パンという食べ物があります。

コンビニに売っていますので、台湾旅行の際に試しに食べてみて下さい。

サンドイッチ(三明治)

 

みなさん、サンドイッチはどのような味をイメージしますか?

サンドイッチと言えば、食パン、ハム、レタス、チーズ、マヨネーズですね。

台湾でも同様の食材で作られているのですが…、台湾のサンドイッチは甘い(!?)のですよ。

その理由は台湾のマヨネーズは砂糖がたくさん含まれているため、甘いマヨネーズだから。

ハムとレタスのサンドイッチのイメージとして、甘いという想像が働かない日本人には、まずいと感じてしまうかもしれませんね。

味噌汁

 

台湾には日本料理のレストランや和食を提供している日式という食堂がたくさんあります。

このような台湾人が経営している店での味噌汁は、ほぼ100%甘い味になっています。

その理由も、たぶん味噌が甘い味に仕上げられているからなのでしょう。

日本の味噌汁の味をイメージして、日式食堂で味噌汁と飲むと甘いことにビックリして、まずいと感じてしまうかもしれません。

台式緑茶

 

台湾ではお茶と言えば、烏龍茶が主流ですが、近年ではペットボトルのお茶として緑茶も販売されています。

そして、ペットボトルのお茶には台式と日式があり、台式緑茶と日式緑茶とラベルに表記されています。

この違いは、台式緑茶には砂糖が含まれており、日式緑茶には砂糖が含まれていません。

緑茶に砂糖を入れるという発想自体が日本人にはないため、このことを知らずに台式緑茶を飲んでしまうと、何だコレファ~となってしまうことでしょう。

台湾で日本と同じ砂糖が含まれていない緑茶を飲みたい時には、必ず日式緑茶のほうを選びましょう。

 

台湾料理は薄い ← 味がない食べ物

猪血湯

WUXmoxSy7oFK88nk

 

猪血湯は「イノシシの血のお湯」ではなく、「豚の血のスープ」を意味します。

つまり、猪血湯は豚の血を固めた惣菜を具材にしたスープになります。

この時点で、スープを飲む気力がなくなる方もいるかもしれませんね。

さらに追い討ちをかけるように、台湾のスープの味は非常に薄味だというのが特徴です。

そのため、味がほとんどしないスープの中に豚の血の固形物が入っている…そんなスープです。

実際に猪血湯を飲んでみると、微妙に血のような獣の臭いがして、しかも味がないという追い討ちに遭います。興味のある方は試してみてください。

ちなみに、台湾では豚の血の食材はゲテモノ扱いではなく、一般食材としてどこでも売っています。

日式ラーメン

 

日式とは日本式を意味する言葉で、日式ラーメンとは日本式ラーメンとなります。

ところが、日本式ラーメンではなく、実際には味にスポットを当てると、台湾式ラーメンになります。

台湾で台湾人が作る日式ラーメンのスープは、上述した通り、味が薄すぎます。

さらに、味が薄いだけではなく、出汁をシッカリと取っていないケースが多く、コクがないため、日本人が食べると、ほぼ全員がまずいと感じることでしょう。

 

台湾料理がヤバい ← 珍しい食材の食べ物

豬血糕

kako-xykBeFw8ltTAl2Ny

 

猪血糕は豚の血の餅のような塊の食材です。具体的には、米と豚の血を混ぜて固めたものです。

猪血糕の見た目はそれほどエゲツなくはないですが、豚の血で作られていると聞くと食べる気力を失う人もいるかもしれませんね。

猪血糕は一般的には、鍋料理などに入れて具材として使用されることが多いため、実際に食べてみると、割と違和感なく食べられます。

ただし、これは個人的には不味くはないが、美味しくもない味の食べ物です。

豚の血や獣の血に精神的アレルギーを感じる方は、食べて美味しいと感じるものでもないため、食べないほうがよいかも。

皮蛋(ピータン)

DtRA8HgCE9qeo982

 

ピータンとは卵を塩漬けにして発酵した食べ物です。台湾では日常的によく食べられています。

一般的な食べ方は、豆腐の上にカットしたピータンを乗せた食べ物になります。

ピータンそのものは、卵の黄身の部分が濃緑色になるまで発酵しており、この色合いに精神的ダメージを受けてしまいます。

そして、ピータンを実際に食べてみると、アンモニアのような臭いが少しする程度で、美味しいと感じるか不味いと感じるかは個人により異なりそう。

もし、台湾旅行中にピータンを見つけたら、是非、本場台湾のピータンを試しに食べてみて下さい。

鶏のもみじ

 

鶏のもみじは鶏の足の部分を食材として使った食べ物になります。

はじめて、鶏の足の料理を台湾で見た時、食事中に運ばれてきたモノを見た瞬間に、リバースしそうになりました。

見てはいけないものが料理として使われている…そんな気分でした。そのトラウマを引きずって、今でも食べられません!

実際には、コラーゲンが豊富でスキンケアには良いとされていますので、健康重視の方は是非食べてみてください。

月餅

 

月餅は中秋節にお月様を見ながら家族団欒で食べる食べ物です。

外見を見ると甘党の人にはヨダレが出そうなくらい美味しそうですね。

真実をお知らせすると、月餅には小豆などの餡が使われている月餅と、餡が中華惣菜の月餅があります。

それを知らずに食べると、想定外の味に意気消沈してしまい、何だコレファ~という気持ちになることでしょう。

私にとっては、甘い餡の月餅が当たりで甘くない中華惣菜の餡の月餅は外れの意識が強いです。

また、月餅の中には、卵の黄身が丸々一個入っていることもあり、甘い餡と黄身のコンビネーションにも驚きます。

月餅には餡が甘いものと甘くないものがあるということを知っておくだけでも、精神的ショックは少なくすみます。

 

まとめ:台湾料理がまずい理由

台湾料理がまずいと感じたり、日本人の口に合わない理由は上記の通り、以下の4つにまとめられます。

  • 台湾料理の香辛料が口に合わない
  • 日本の料理では砂糖を使わない料理に砂糖入り
  • 台湾のスープは味付けが非常に薄い
  • 日本では使わない食材を使っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました