台湾の12月の気温・気候・雨・天気【現地情報】グラフと画像で確認

12月は年末年始の連休の始まりの時期に当たり、この大型連休を利用して海外旅行を検討している方もいるでしょうね。

台湾へは3時間程度のフライトで行くことができるため、短期旅行でも到着直後から十分に観光を楽しめます。

12月の台湾旅行で気になるのが台湾の天気や気候と、現地の状況ではないでしょうか?

日本では12月になると寒さが厳しくなり、朝晩は指先が痺れるような寒さを感じる日も多くなりますね。

それでは、台湾の12月の天気や気温は、どのような感じなのでしょうか?

以下では、台湾の12月の天気と気候について、気象統計データをベースに分かりやすい表、グラフ、画像を交えながら、台湾現地から詳しく解説します。

  1. 台湾の12月の天気は、どんな感じなのか?
  2. 台湾の12月の気候は、日本と比べ、どれくらい違うのか?
  3. 台湾の12月の気温は、何度くらいなのか?
  4. 台湾の12月の天候は、良いのか?悪いのか?
  5. 台湾の12月には雨の心配はあるのか?
  6. 台湾の12月の旅行で、注意すべきことは何?

台湾への12月の旅行を予定している方は、上記のような疑問を抱いている方も多いかもしれませんね。

そこで、今回は、現地事情を踏まえ、台湾現地から台湾の12月の天気や気候について詳しく解説します。

 

 

スポンサーリンク

台湾の12月の天気

台湾の12月の天気は都市により異なる

台湾の12月の天気は、どうなのでしょうか?

まずは、各都市に住んでいる現地在住の人たちの意見を拾ってみましょう。

台北の12月の天気

台北在住の人に12月の天気に関する意見を集約すると、下記のようなことが共通しています。

台北の12月は一言で言えば、「涼しい→寒い」日が多くなる。12月になると、前月までと明らかに異なることは「体感温度」です。台北では天気が良い日は続かず、曇りの日も多く、寒さを感じる日も多くなります。

台中の12月の天気

そして、台中在住の人に12月の天気に関する意見を集約すると、下記のようなことが共通しています。

台中の12月の天気は、寒波到来日から急に寒く感じるようになります。晴天の日が多い反面、寒い日も少しずつ多くなります。

高雄の12月の天気

また、高雄在住の人に12月の天気に関する意見を集約すると、下記のようなことが共通しています。

高雄の12月の天気は、雨の日がほとんどなく、毎日、快晴の日が続きますが、涼しく感じる日もあります。

台湾の12月の天気のまとめ

以上のように、台湾の12月の天気は、台湾の主要都市では雨の日が少なくなるため、天気の良い日が多くなります。

ただし、台湾北部の都市では、曇りの日が多く、体感温度は気温とは異なり、寒さを感じる日も多くなります。

このように、雨の心配は少なくなりますが、寒波到来により、寒くなる日もあるということを前提に旅行の準備をするとよいでしょう。

台湾の12月の天気のポイント
  • 台湾の12月の天気は台湾主要都市では雨が非常に少ない
  • 台北の12月上旬の天気の特徴は一年で最も過ごしやすく快適

 

台湾の12月の気候

台湾の12月の気候は体感温度がポイント

それでは、台湾の12月の気候の特徴のポイントは何か?

12月の台湾の気候では、各都市に共通して言えることは、体感温度がポイントになります。

上述した通り、12月には台湾でははじめての寒波到来の時期にあたります。。

寒波到来日は秋から冬の時期の節目に当たり、急激に気温が下がるため、気温以上に体感温度では寒さを感じるというのが台湾の12月の気候の特徴でしょう。

台湾の12月の気候のまとめ

以上のことをまとめると、台湾の12月の気候は、雨が少なく、台湾中部以南ではほとんど降らないため、全般的に旅行をしやすい時期。

一方、一般的に12月下旬頃には寒波が到来し、グッと気温が下がるため、少しだけ現地での寒さに注意が必要な時期。

台湾の12月の気候のポイント
  • 台湾の12月下旬の気候の変化は「体感温度」がポイント
  • 台湾の12月の旅行での注意点は12月下旬頃が季節の節目

以下では、実際の気象データを表やグラフで紹介しながら、台湾の12月の天気や気候について、詳しく解説します。

 

台湾の12月の気温

  • 台湾の主要都市の最高気温は20.7℃~24.9℃(東京との気温差は9℃~13℃)
  • 台湾の主要都市の平均気温は17.9℃~20.6℃(東京との気温差は10℃~13℃)
  • 台湾の主要都市の最低気温は14.2℃~17.1℃(東京との気温差は12℃~14℃)
  • 台湾の12月の気温は中旬頃までは比較的高く、最高気温(平均)は21度~25度程度

台湾の平均気温のグラフ

台湾主要都市の年間月別の平均気温(℃)

台湾主要都市の年間月別の平均気温(℃)

 

台湾の12月の気温(最高気温、平均気温、最低気温)

12月台北台中高雄東京
最高気温20.7℃23.6℃24.9℃11.9℃
平均気温17.9℃18.1℃20.6℃7.6℃
最低気温15.6℃14.2℃17.1℃3.5℃

(引用元:台湾気象局の統計データより当社作成、以下同じ)

※最高気温、平均気温、最低気温は、日平均最高気温、日平均平均気温、日平均最低気温を示すものです。

上表の通り、台湾各地では12月には、平均気温は17.9℃~20.6℃と比較的温暖で、台湾南部は温暖な日も多いです。

毎年、12月になると涼しさを感じる日が多くなり、12月下旬には急に気温が下がり、非常に寒く感じる日があります。

台湾の12月の最低気温は14度~17度程度ありますので、寒波到来の時期以外は温暖な天候の日が多いですね。

 

台湾の12月の雨(降水量と降水日数)

  • 台湾北部の12月の降水量は少なくなる
  • 台中や高雄などの台湾中部以南の都市では雨が降らない
  • 台湾の12月の降水日数は主要都市では2日~程度と比較的少ない

台湾の12月の降水量(mm/月)

台湾主要都市の年間の降水量(mm/月)

台湾主要都市の年間の降水量(mm/月)

台湾の12月の降水量と降水日数

12月台北台中高雄東京
最高気温20.7℃23.6℃24.9℃11.9℃
平均気温17.9℃18.1℃20.6℃7.6℃
最低気温15.6℃14.2℃17.1℃3.5℃

台湾の12月の降水量と降水日数は前月までと同じく少なく、都市によっては3日程度になります。

また、台湾全土では12月の降水量は台北などの台湾北部の雨が比較的多い都市を除いて、雨の日が少ないため、大気が乾燥します。

外出時には、空気が乾燥するため、大気汚染を感じ始める時期になり、PM2.5や排気ガスを実感することもあることでしょう。このような状況ではマスクの着用は最低限必要になります。

冬の時期の雨の降り方は、夏の時期のようなスコールの大雨になることはなく、もし雨が降ったとしても、パラパラと小雨が降る程度です。

 

台湾の12月の湿度と不快指数

以下は、台北、台中、高雄の相対湿度と不快指数を示しています。

12月台北台中高雄東京
湿度/%75.472.371.956.0
不快指数60.861.063.052.4

台湾の12月の湿度

  • 台湾の12月の湿度は72%~75%程度。
  • 台湾の12月の湿度は台湾の主要都市の内では台北が少し高め。
  • 台湾と東京の湿度を比べると、台湾の湿度は16%~19%程度高い。
台湾主要都市の月別の相対湿度(%)

台湾主要都市の月別の相対湿度(%)

台湾の12月は降水量は少なくなり、湿度も低くなるのが特徴で、空気が乾燥するため、暖かい日は快適に感じます。

台湾の12月は、台湾北部を除いて、雨の心配をする必要がないため、旅行には比較的良い時期でしょう。

台湾の12月の不快指数

  • 台湾の不快指数は61~63程度(東京は52程度)。
  • 台湾の12月の主要都市での不快指数は「やや涼しく感じる」レベル。
  • ただし気温が20度を下回り、湿度が60%を下回ると少し寒さを感じる。
台湾主要都市の月別の不快指数

台湾主要都市の月別の不快指数

不快指数は60~65では「やや涼しく感じる」水準とされています。

東京の12月の不快指数が52程度であるのに対して、台湾の平均気温での不快指数は61~63程度です。

平均気温では、上記のようなレベルですが、実際には、朝晩では20度以下になると、肌寒さを感じる日も多くなります。

基本的に、台湾の12月は天気の良い日は比較的温暖で快適な時期と考えておいて問題ありませんが、12月下旬頃からは寒波の影響を受けることが多く、気温がグッと下がる日が多くなります。

 

台湾の12月の紫外線と日照時間

台湾の12月の紫外線(UV量)

  • 台北から高雄までの主要都市での12月の紫外線を示すUV量は3~4の間。
  • 台湾の12月での台湾主要都市では、紫外線のUV値は全都市で比較的低い。
  • 平均UV量は3~4の間 → 紫外線は低い~中程度。
  • 台湾の12月の主要都市の紫外線最大UV量は6 → 強い。

 

台湾の主要都市の紫外線(UV)量

台湾の主要都市の紫外線(UV)量

 

台湾の12月の紫外線量は、下記の通りです。

  • 台北の12月の紫外線量: 2.8(平均)、6(最大)
  • 台中の12月の紫外線量: 3.7(平均)、6(最大)
  • 台南の12月の紫外線量: 4.1(平均)、6(最大)
  • 高雄の12月の紫外線量: 4.2(平均)、6(最大)
  • 東京の12月の紫外線量: 1.6(平均)

 

台湾の12月の日照時間

  • 台湾の12月の日照時間は通年では少ない時期。
  • 台湾の中でも台北は曇りの日が多くなるため日照時間は短い。
  • 台湾の12月の日照時間の長さは曇り日と快晴の日の日数の違い。
台湾主要都市の月別の日照時間(時間/月)

台湾主要都市の月別の日照時間(時間/月)

台湾の12月の日照時間の特徴は、冬の時期になり、日の出が遅くなり、日の入りが早くなります。

そのため、基本的には、どの都市でも日照時間は次第に短くなります。

ただし、雨の日がほとんどなく、快晴の日が多い台湾中部以南の都市では日照時間も比較的長い傾向。

 

台湾の12月の旅行で注意すべきこと

台湾の12月の時期に旅行する上で注意すべきことを3つほど挙げておきます。

  1. 12月中旬頃までは比較的暖かい日が続きますが、空気は乾燥します
  2. 唇が割れたり、皮膚が乾燥するため、リップやスキンクリームが必要です
  3. ただし、台湾北部の台北や九分(九份)を旅行時は雨対策の準備も必要

 

まとめ

台湾では年末年始は特別な行事がありませんので、台湾旅行の際は台湾の日常を楽しむことが出来るでしょう。

ただし、台湾では12月下旬は真冬への季節の節目に当たり、空気も乾燥するため、体調管理が必要になる季節でもあります。

大気の乾燥対策としてマスクを着用したり、体温調整をしやすい装いの準備が必要でしょう。

この時期に台湾旅行を予定している方は、現地での格好も気になるところですね。乱暴に言ってしまえば、長袖シャツ+ダウンジャケットでOK。

台湾の12月の時期の天候は週ごとに変わりやすいため、急に真冬の寒さになることもありますので、服選びにも注意しましょう。

 

[関連記事]

≫≫ 台湾の11月の気温・天気・気候・雨【現地発信】画像とグラフで確認

≫≫ 台湾の1月の気温・天気・気候・雨の【現地情報】をグラフで確認する

≫≫ 台湾の2月の気温・天気・雨・気候を【現地発信】グラフと画像で確認

≫≫ 台湾の3月の気温・雨・天気・気候の【現地情報】を春休み前に確認

コメント

タイトルとURLをコピーしました